レンタルサーバーとは?内容や種類・選び方をご紹介します!

ブログやホームページを作成する時には、ドメイン取得をするためにサーバーを借りることが多いです。サーバーにはさまざまな種類があり、目的に合わせて自分に合うものを選択するといいでしょう。レンタルサーバーを利用する時には、サーバーの種類やメリット・デメリットを理解することが大切です。

これから、レンタルサーバーの内容や選び方をご説明します。

レンタルサーバーとは?

ブログやホームページ・アフィリエイトサイト・ネットショップなどを作成するためには、サーバーが必要になります。サーバーとは、大量のデータを保管するHDDが備えられたパソコンのことです。サーバーはユーザーからのリクエストに対応し、保管した情報を送る役割をしています。

サーバーは自分で所持することも可能です。ただし、パソコンやHDDなどの機器を購入し、メンテナンスなどの管理をしなくてはなりません。また、365日24時間の起動管理が必要となり、多くの費用や手間がかかってしまうのです。『参考サイト|iCLUSTA|ホームページサーバーレンタル

よって、レンタルサーバーを借りて、管理を一任するケースが多くなっています。レンタルサーバーとは、サーバーの機能を貸し出しているサービスで、多くのレンタルサーバー業者が存在します。利用する人はレンタルサーバー業者と契約をすることが必要です。

レンタルサーバーでは「ブログやホームページの公開」「ネットショップやアフィリエイトサイトの公開」「メールの利用」などができます。商用利用を可能にしているレンタルサーバーもあり、セキュリティ対策もしっかり行っているところが多いです。

ただし、容量や提供されるサービスによって、有料の場合もあります。

「レンタルサーバーは複数ある?役割に合わせて最適なタイプを選ぼう」

レンタルサーバーの種類1「共用サーバー」

レンタルサーバーの種類として「共用サーバー」があります。

これは、レンタルサーバー業者が持つ1つのサーバーを、複数の契約者で利用する方法です。個人のブログやホームページで利用する場合は、共用サーバーにする人が多いでしょう。

共用サーバーのメリットは、利用料が安いことです。サーバー運営費は複数人で負担するため、安価になっています。また、管理や設定は業者がしてくれるのもメリットです。複雑な手順もなく、専門知識がない人でも始められます。

ただし、共用サーバーは設定を他の人と同じにしなければなりません。よって、自由度が低く、全てを自分好みにできないこともあります。サーバーの負荷が高くなってしまうと、動きが遅くなるのもデメリットです。

レンタルサーバーの種類2「専用サーバー」

専用サーバーとは、1台のレンタルサーバーを1つの契約者が借りられる方法です。個人で借りる人もいますが、法人でサーバーを借りる際に向いています。専用サーバーは契約者のみで利用するため、自由度の高さが特徴です。

負荷もかかりにくく、公開しているページの動きが遅くなるのも避けられるでしょう。また、専用ではありますが、レンタルになるため、サーバー管理は業者に一任できます。サーバーの購入費用や電気代・設置場所が必要ないのもメリットです。

さらに、専用サーバーはセキュリティを高くできます。その理由として、業者が運営するセキュリティだけでなく、自分でも管理プログラムを設定できるからです。よって、共用サーバーよりもセキュリティ面を強化できます。

専用サーバーのデメリットは、共用サーバーよりも利用料が高いことです。容量やサービス内容によって異なりますが、相場は月額1万~5万円になります。また、利用環境を設定する作業は、契約者でする場合が多いです。

よって、専門知識を持つ人が行う必要があります。会社内に運用できる人がいない時には、新たに人材を雇うこともあるでしょう。運用も基本的には専用サーバーの契約者が行います。

レンタルサーバーの種類3「クラウドサーバー」

クラウドサーバーは1台のサーバーを複数人で使いますが、必要に応じて機能を変えられるタイプです。契約後にも変更できるため、使い勝手がいいとされています。クラウドサーバーのメリットは、メモリやCPUなどを拡張できることです。

負荷の高い処理にも対応でき、セキュリティ対策もオプションで追加できます。ただし、従量課金制になることも多く、他のサーバーよりも利用料が高くなってしまうのはデメリットです。

レンタルサーバーの種類4「仮想専用サーバー(VPS)」

仮想専用サーバーはVPSとも呼ばれ、共用サーバーと専用サーバーの中間に位置する方法です。1台のサーバーを、複数の契約者で利用します。しかし、1人の契約者が1台のサーバーを使える設定になっているのです。よって、負荷がかかることも、自由に利用できます。

また、専用サーバーやクラウドサーバーよりは安価でできることがメリットです。ただし、仮想専用サーバーも設定や運用は契約者が行うため、専門的な知識が必要になります。

レンタルサーバーの選び方とは?

レンタルサーバーを選ぶ時には、「容量」「機能」「サービス内容」を重要視することがポイントです。まず、最初に利用目的を明確にします。

初期は宣伝用のサイトであっても、ネットショッピングなどを開始する予定がある時には、容量を大きくすることが必要です。また、動画や画像を多く載せる時にも、ある程度の容量が必要になります。ただし、容量が多ければ多いほど、利用料も高くなります。

よって、個人や法人・利用目的などに合わせたサーバーやプランにすることが大切です。利用目的に合わせた機能が備わっているかも、確認します。法人の場合、マルチドメインを無制限に使える機能があれば、複数店舗や支社を持っている時に使いやすいです。

一方、個人で使う時には、無制限に使えるマルチドメイン機能は必要ありません。よって、必要な機能を明確にすることで、合っているサーバーが選びやすくなるのです。ホームページの編集や更新をするためのCMSサービスを使う時には、それに対応しているかを確認します。

サービス内容として、レンタルサーバー業者のサポート体制も大切です。万が一、サーバーの不具合やトラブルがあった時に、メールだけでなく電話で対応してくれるところを選ぶといいでしょう。

「レンタルサーバーでも使用できるcomposer」

レンタルサーバーの内容を知り、合ったものを利用しよう!

レンタルサーバーには共用サーバーや専用サーバー・クラウドサーバー・仮想専用サーバーがあり、それぞれ特徴が異なります。まずは法人や個人・利用目的などを明確にしてから、必要な機能や容量を決めていきましょう。

レンタルサーバー自体の管理は業者に任せられますが、サーバーの種類によっては自分達で運用や設定をします。これを参考に、レンタルサーバーについて理解してみてください。