レンタルサーバーとホスティングの違いとは

レンタルサーバーとホスティングの違いがわからないという点で悩んで、次のステップに進めないという方も多くいます。2つの利用は自分のウェブサイトを作る最初のステップなので、ここで立ち止まったらサイト作りが進みません。

まずは2つの言葉の意味を知り、利用するメリットなどの点を確認したうえで利用を検討しましょう。

「レンタルサーバーは複数ある?役割に合わせて最適なタイプを選ぼう」

レンタルサーバーとホスティングの意味を考えてみよう

自分のウェブサイトを作りたい場合、サーバーを借りることを検討している方も多くいるでしょう。そのようなとき、レンタルサーバーとホスティングサービスがあると、どちらを利用するべきか迷ってしまうこともあります。

レンタルサーバーとは、インターネット経由でサーバーを貸してもらえるサービスになります。一方でホスティングサービスというのは、インターネット経由でサーバーを使わせてもらえるサービスのことを意味しています。

つまり2つの言葉には大きな違いがあると思っている方もいますが、基本的には同じ意味と捉えて問題ありません。

主流なのはレンタルサーバー

レンタルサーバーとホスティングサービスは同じような意味で使われているので、違いを気にしなくてもサーバーを借りられるサービスだと理解しておけばOKです。

実際にサーバーを借りるサービスとしては、レンタルサーバーという単語のほうが多く使われる傾向が見られます。

ニュアンスで使い分けることも可能

レンタルサーバーとホスティングサービスという2つの言葉があると、使い分けをしたいと考える方もいるでしょう。そのような場合には、ニュアンスを意識して使い分けるのも1つの手です。

例えばレンタルサーバーは、借りるサーバーそのものとサービスの両方を指す際に使われます。一方でホスティングサービスは、サーバーそのものではなく、借りられるサービスのみを指している傾向が見られます。用途や好みに合わせて使い分けることで、単語を知っていると人から一目置かれるかもしれません。

利用するメリットを知ること

実際にレンタルサーバーもしくはホスティングサービスを利用するか迷っているという方もいるでしょう。そのような場合であれば、利用するとどのようなメリットがあるのか整理するのも1つの手です。具体的にどのような特徴があるのか知ることで、自分に合ったサービスになるのか判断することにつながります。

サーバーの構築や運用を事業者に任せられる

自分のサーバーを構築したい場合、専門知識を持つ技術者がいないと管理が難しくなります。ですがレンタルサーバーを利用する場合であれば、サーバーの構築や運用はすべて事業者側に任せられます。専門の知識がない方でもサーバーを確保できるので、ウェブサイトを運用したいという方が気軽に利用できるという特徴があげられます。

自分で構築するならバックアップの作成やセキュリティ対策などを実行して運用する必要があるため、それらの手間を省くためにもサーバーを利用することに意味が生まれます。

「レンタルサーバーのバックアップ機能を比較する時のポイント」

すぐにサイトの運用が始められる

ウェブサイトの運用をしたいという場合、準備に時間がかかってしまうとタイミングを逃して面倒になってしまうかもしれません。運用を始めたいと考えたら、すぐに準備を完了させてスムーズにサイトを開設できる環境を整えることが大切です。

そこでレンタルサーバーを利用することで、準備にかかる期間を節約し短期間で運用をスタートさせることにつながります。自分でサーバーを用意すると構築だけでかなりの時間を費やし、トラブル処理だけで面倒なステップが必要になるという点を押さえておきましょう。

自分に合ったプランを選べる

レンタルサーバーやホスティングサービスは、状況に応じてさまざまなプランの中から適したものを選択できるという特徴があげられます。ウェブサイトの規模などに応じて、どのような規模のサーバーが必要かという点には違いがあります。

必要な規模に合わせたサーバーを借りることで、無駄なコストを省けます。1からサーバーを作るとそのための準備だけである程度の費用がかかるため、レンタルすることで初期費用を抑えることが可能です。

他のユーザーの影響を受けることもある

レンタルサーバーやホスティングサービスの利用で注意が必要な点の1つが、他のユーザーの影響を受けるリスクがあるという点です。例えば1つのサーバーを共有するタイプの場合、他のユーザーが大量にメールを送信したなどの影響で処理速度が遅くなる可能性もあります。

処理が遅いと不便な思いをするリスクもあるため、事前にどのようなリスクがあるか確認することも忘れないようにしましょう。

適したプランが見つからないこともある

サーバーをレンタルする際に、利用する容量やプランを選ぶことは可能です。しかし利用状況によっては、適した容量やプランが見つからないケースも見られます。適したプランが見つからないと利用しにくいと感じることもあるため注意が必要です。

またレンタルサーバーの業者ごとに用意しているプランには違いがあるため、条件の良いものを探して複数の業者のプランをチェックしていくことも大切です。自分に合った形でレンタルサーバーが利用できるように考えていきましょう。

レンタルサーバーは何で選ぶか

初めてのレンタルサーバーの利用だと、選ぶ際のポイントがわからずに困ってしまうケースも見られます。実際に選ぶときには、どのような点に注目したらいいのかポイントを押さえておくことが大切です。例えば選ぶポイントの1つが、サイトの規模に合ったものを選ぶという点です。

ほかにもスペックやCPU、メモリなどの視点から利用条件に合ったサーバーを選択できるようにしましょう。

利用者の意見も参考にすること

レンタルサーバーにはさまざまな種類があるため、実際に利用している方の意見を参考に選ぶのも1つの手です。実際に利用している方であれば、使い勝手やセキュリティなどの点に問題がないかという情報を持っています。

利用者ならではの目線の意見を参考にしながら、自分が借りるのに適したものを選択できるようにしましょう。人気ランキングや料金が安いレンタルサーバーなど、利用時に優先したいポイントからどのような選択肢があるのか情報を集めることも可能です。

自分に合った形でサイトを運用しよう!

レンタルサーバーとホスティングサービスは、サーバーを借りられるサービスということで基本的には同じ意味と考えて問題ありません。サーバーは自分で構築すると手間も時間もかかることから、業者から借りることで手間や時間を節約できます。

多くのレンタルサーバーがあるので、利用状況などを考慮しながら、自分に合った種類を選択することが大切です。